1930年、ビルマ(ミャンマー)の1匹の不思議な毛色(ウオルナット・ブラウン)をした土着猫がアメリカに渡って来ました。この猫を基礎に遺伝学者も協力して新種の作出を試み、シャム猫を配して計画繁殖が行われ、全身がダークブラウンの毛色をした現在の「バーミーズ」が誕生しました。

1963年、CFAによって公認血統猫として認可されましたが、その後、近親交配を避けるために、異種交配が進んだために、1947年から1953年までCFAではこの猫の登録を中止してしまいました。現在では多くの支持者を持ち、人気猫の中に数えられ程になりました。

各部構造に関しては理想像を先に描いて改良に改良を重ね、強烈な個性を発揮するまさに純ヤンキーキャットに成長しました。

濃淡ムラがない輝く被毛が全身を覆い、雄牛を思わせるような重厚感溢れる前胸部に、骨格頑健、骨量豊富、筋腱は驚くほどのバネを持ち、見るものに強烈な印象を与えます。

公認被毛色はセーブルカラー・シャンパン・ブルー・プラチナの4色が公認カラーとされています。

anicombanner2015.9

ACCアジアキャットクラブ
東京都千代田区神田須田町2-13-1
ノルン 秋葉原ビル4F
TEL 03-3254-3455
FAX 03-3254-3457
中央ケネル事業協同組合連合会
東京都千代田区神田須田町2-13-1
ノルン秋葉原ビル4F
TEL 03-3254-3456
FAX 03-3254-3457
http://www.ckc.gr.jp/

 

petphoto

トップに戻る