この猫はスカンジナビアのアルハンゲリクス港が故郷と言われ、1860年代に西ヨーロッパへ渡ってきました。

初期のロシアンブルーはスパニッシュブルーとかマルタ猫など、さまざまな呼ばれ方で愛されていました。18世紀末の頃キャットショーではブルーの毛色の猫は、体型の如何に関わらず、一つのクラスで審査をされるようになっていましたが、1912年にイギリスタイプのがっしりした体躯の猫とロシアタイプの細型の猫の二つに区別されました。1940年代にスカンジナビア・イギリス両方のブリーダーたちの手によってシャム猫と掛け合わせ、現在のようなスマートなロシアンブルーが完成されました。

被毛は完全なダブルコートでオーバーコートとアンダーコートの長さが同じで密生し、独特の手触りと弾力性に富んでいます。オーバーコートの先端にはシルバーティップが光り、同じ長さのアンダーコートに混じって夜空に星をちりばめたようにキラキラと光り輝きます。目色はグリーンに輝き、この猫の美しさを引き立たせています。

性格は大変気品が高く、聡明且つ動作はとても敏捷です。

公認被毛色はもちろんブルー一色です。

anicombanner2015.9

ACCアジアキャットクラブ
東京都千代田区神田須田町2-13-1
ノルン 秋葉原ビル4F
TEL 03-3254-3455
FAX 03-3254-3457
中央ケネル事業協同組合連合会
東京都千代田区神田須田町2-13-1
ノルン秋葉原ビル4F
TEL 03-3254-3456
FAX 03-3254-3457
http://www.ckc.gr.jp/

 

petphoto

トップに戻る