1961年、スコットランドの農場で耳が前に折れ曲がった可愛い猫が発見されました。この不思議な猫を解明するために遺伝学者やブリーダー達が協力して試験交配などを行った結果、突然変異の優性遺伝子が原因している事がわかりました。この猫がスコティッシュフォールドの第一号なのですが、この遺伝子の影響で耳が前に折れているのですが他の部分にも好ましくない影響(足先の肥大、尾の付け根の硬化)をも及ぼしている事も解りました。その結果、イギリスの愛猫協会GCCFは一度は公認血統猫に認定しましたが、現在ではこの猫の登録を中止しています。

しかし、アメリカのブリーダー達は何とかこの猫の登録を続行しようと努力した結果、耳の折れた猫に耳の立った猫を交配する事により、耳の折れる以外の奇形による悪影響が極端に低下させる事がわかりました。この事により愛猫協会はスコティッシュフォールドの交配相手にはアメリカンショートヘアー又はブリティッシュショートヘアーの異種交配を認めると共に1978年、指導つきの公認血統猫として認定しています。

耳が前方に折れ曲がり、大きな目と丸顔のこの猫は現在ではロングヘアーも含め、人気は抜群のものに成長し、多くのファンを獲得しています。しかし、ブリーダーはあくまでモラルを持って耳の折れ曲がった猫には必ずアメリカンショートヘアーかブリティッシュショートヘアー又は立ち耳のスコテイッシュフォールドを交配するようにしてほしいものです。

公認被毛色はソリッドカラー・シェーデッドカラー・スモークカラー・タビーカラー・パーティカラー・バイカラーの6デイヴィジョン、ポイントカラーを除く全カラー公認です。

 

anicombanner2015.9

ACCアジアキャットクラブ
東京都千代田区神田須田町2-13-1
ノルン 秋葉原ビル4F
TEL 03-3254-3455
FAX 03-3254-3457
中央ケネル事業協同組合連合会
東京都千代田区神田須田町2-13-1
ノルン秋葉原ビル4F
TEL 03-3254-3456
FAX 03-3254-3457
http://www.ckc.gr.jp/

 

petphoto

トップに戻る