この猫はタイの寺院で1300年代から何世紀にも渡り飼育され、王家から西洋の高官達への贈り物として全世界に知られるようになりました。

この猫が初めてイギリスに出現したのは1800年代の中期、アメリカには1879年に輸入されました。シールポイントのシャムがキャットショーに出陳されたのはイギリスでは19世紀の終わり頃、アメリカでは20世紀に入ってからです。最初はシールポイントばかりでしたが、1935年頃ブルーポイントのシャムが登場し、続いてチョコレートポイント、ついで1955年にはライラックポイントが出現しました。

この頃のシャムは現在のように、三角形の頭部に円筒形のボデイにはほど遠く、ドメスティックタイプに丸顔の猫でした。その後、ブリーダー達の努力で選択交配が続けられ、近代シャムと言われる極端な頭部・体型の猫にと進化しました。

被毛色も現在は多種多彩に公認されています。

公認被毛色はシールポイント・ブルーポイント・チョコレートポイント・ライラックポイント・レッドポイント・クリームポイント・シールトーテイポイント・チョコレートトーテイポイント・ブルークリームポイント・ライラッククリームポイント・各色のリンクスポイントなどが公認カラーとされています。

anicombanner2015.9

ACCアジアキャットクラブ
東京都千代田区神田須田町2-13-1
ノルン 秋葉原ビル4F
TEL 03-3254-3455
FAX 03-3254-3457
中央ケネル事業協同組合連合会
東京都千代田区神田須田町2-13-1
ノルン秋葉原ビル4F
TEL 03-3254-3456
FAX 03-3254-3457
http://www.ckc.gr.jp/

 

petphoto

トップに戻る