シンガポールの下水溝で1972年に発見されたこの猫5匹をアメリカに連れて来られたのが1975年の事です。この猫を固定するまでにはアビシニアンやバーミーズも異種交配に使われたといわれています。その後1979年に各愛猫協会によって血統公認猫に認定されました。

猫種中最も小型のこの猫は、象牙色の地色に濃いブラウンでティックされ、独特の雰囲気をかもし出しています。重要で被毛色も含めて野性的な姿態に特に大きな目と耳がとても華麗な印象を与えます。小型の体躯ゆえ室温に対してとても敏感な部分がありますが、性格は敏捷且つ、とても温和な甘えん坊です。

公認被毛色はセピアアグーチのみです。

 

image10003

image10002

image2

anicombanner2015.9

ACCアジアキャットクラブ
東京都千代田区神田須田町2-13-1
ノルン 秋葉原ビル4F
TEL 03-3254-3455
FAX 03-3254-3457
中央ケネル事業協同組合連合会
東京都千代田区神田須田町2-13-1
ノルン秋葉原ビル4F
TEL 03-3254-3456
FAX 03-3254-3457
http://www.ckc.gr.jp/

 

petphoto

トップに戻る