全猫種中最も古い歴史を持つこの猫は、トルコのアルメニア地方に棲息する長毛の土着猫を改良して16世紀にヨーロッパへ渡ってきました。細身でエレガントな姿態はたちまち人気を集め、最も美しい猫として猫好きの羨望の的になっていました。

その後、1960年代になって北アメリカへ渡り、1970年代の初頭にホワイトのみがターキッシュアンゴラとして公認血統猫に認定されました。現在では多種にわたる被毛色が公認されています。また、現在でもトルコのアンカラ国立動物園に於いて、この貴重なホワイトターキッシュアンゴラの血統を保存管理しています。

現在、多種にわたるセミロングヘアー及びロングヘアーの猫は、全てこの猫の被毛を受け継いでいると言っても過言ではありません。

公認被毛色はソリッドカラー・パーテイカラー・バイカラー・タビーカラー・スモークカラーの5デイヴィジョンが公認されています。

anicombanner2015.9

ACCアジアキャットクラブ
東京都千代田区神田須田町2-13-1
ノルン 秋葉原ビル4F
TEL 03-3254-3455
FAX 03-3254-3457
中央ケネル事業協同組合連合会
東京都千代田区神田須田町2-13-1
ノルン秋葉原ビル4F
TEL 03-3254-3456
FAX 03-3254-3457
http://www.ckc.gr.jp/

 

petphoto

トップに戻る