被毛が通常の猫より硬めにちぢれたこの猫は、1967年にアメリカはニューヨーク郊外で発見され、ブリーダー達の努力の結果、優勢の突然変異によるものと判明し、品種固定に成功した。それから2年後の1969年に真性のアメリカンワイヤーヘアーの誕生となりました。

全身が硬い針金状に密生した被毛に覆われているために上から抑えると強い弾力感じ、被毛の感触は粗く硬いものが良いとされています。

性格は温厚ですが敏捷で特に好奇心が強いとされています。

公認されている被毛色はソリッドカラー・スモークカラー・シェーデッドカラー・タビーカラー・パーテイカラー・バイカラーの6デヴィジョンです。

5 / 44

anicombanner2015.9

ACCアジアキャットクラブ
東京都千代田区神田須田町2-13-1
ノルン 秋葉原ビル4F
TEL 03-3254-3455
FAX 03-3254-3457
中央ケネル事業協同組合連合会
東京都千代田区神田須田町2-13-1
ノルン秋葉原ビル4F
TEL 03-3254-3456
FAX 03-3254-3457
http://www.ckc.gr.jp/

 

petphoto

トップに戻る