原産国

ロシア

沿革

1980年代ロシアのキャッテリーで誕生したといわれています。トイボブとは「小さなボブテイル」という意味です。アジアキャットクラブでは2021年よりレジストレーションオンリーの猫種として血統書の発行のみを行っています。

一般外見

最も顕著な特徴は小さな体で、最小の猫とされるシンガプーラよりさらに小さな体型をしています。尾もボブテイルとなっています。

交配可能猫種

トイボブ / ドメスティックキャット